スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用統計と、スプレッド地獄(w

雇用統計といいますか、指標についてもうひとつ書いておきたいと思います。

金曜日の雇用統計の結果は下記でした。
 ------------------------------------------------------
 ・非農業部門雇用者数変化-1月:-2.0万人(1.5万人)
 ・失業率-1月:9.7%(10.0%)
 ------------------------------------------------------

この日は、金曜ロードショーで「崖の上のポニョ」が放送されており、

家族で見ていました。


チャートをネットブックに表示し、見えるところに設置、チラ見の状態。

もちろん、ノーエントリーです。


発表時間の10:30になると、ぐいっと上げたものの、一気に反転。

100pips前後のボラで、例えば両建てで狙った人は、

往復ビンタを食らうパターンかなぁ~~~と思いながら、眺めていました。

20100206_2.jpg


そして、そのタイミングで取ったスクリーンショットが下記。

見てください!スプレッドがものすごい事に。

これぞ、スプレッド地獄。

20100206.jpg

スプレッドが40pipsです。

私も含めて、初心者がやってしまうパターンとして、

指標発表時の大きな動を追いかけてエントリーしてしまう傾向が強いんです。


しかし、この状態でエントリーしてしまうと、

例えば1万通貨でエントリーした場合は、いきなりの含み損4000円です。

その状態で、往復ビンタとなった場合の損失と精神的なショックは、

かなりなものです。

えぇ、私も経験しておりますよ(^^;何度も何度も。


トレードに勝つ手法に、大きく動く指標発表を狙うという手法はあります。

自己資金率や損切りの方法等を駆使して、勝っている方もいるとは思います。

しかし、大多数が超ハイリスクのエントリーになってしまうと思います。

どちらか片方に大きく動く為、大きな利が出る場合もありますが、

今回のような、上下にすばやく動くパターンでは、大きな損をする事が多いです。

大きな損をするという事は、資金がなくなってしまうという事です。


このようなリスクを負うよりは、その後、チャートが落ち着いてから、

方向感が定まったトレンドについていく方が、

よっぽどリスクが低いトレードが出来ると思います。


指標発表時のスプレッドの変動というのは、

指標発表時のトレードのリスクの一つでしかありませんが、

自分でコントロールできないという意味で、

投資としても、投機としても割に合わないと言い換えてもいいと思います。


利を求めすぎる人は、損ばかりが広がるそうです。

求めすぎる人は、得られない。


何度も何度も繰り返しやられて、最近実感しております。

不思議なものですよね(^^)


よろしければ、ポチっと。お願いします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
スポンサーサイト

theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

プロフィール

wiz

Author:wiz

カウントダウン
最近の記事+コメント
FX


カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
カウンター
リンク
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
人生が輝き出す名言集

presented by 地球の名言

やすらぎの癒し系名言

presented by 地球の名言
人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。