スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

融資申込み資料 「損益分岐点」をご紹介。

余震が続いていますね。

余震といっても震度6弱と、単独でも大地震クラスです。

現地の状況と、原発の状況が気になります。

2、3次災害も含め、これ以上大事にならないでほしいと祈るばかりです。


さて、今日は予告していたとおり、

融資先へ提出した「損益分岐が判る資料」について書いてみたいと思います。


提出した融資担当者さんから「判りやすい!」と言って頂いたので、

「何かしら参考になる点もあるだろう」と思い紹介です(^^


その資料とはこちらです。

  20110412_2.jpg
     ※クリックで大きくなります(^^)
     ※他提出した資料のリストはこちら。


ちょっと欲張った資料(若干情報詰め込みすぎ)になっていますが、

事業計画の期間、つまり借入れ期間(これは10年のパターン)内に、

家賃の下落と入居率の下落を踏まえ、返済額から資金がショートしない、

最低限の稼働率(損益分岐点)を「ぱっと見」で判るようにしたものです。


オレンジ色のラインは、家賃下落を踏まえた満室時の家賃収入。

緑色は、満室は目指すが・・・、オレンジより空室率を減算した家賃収入。

赤色のラインは、返済金額。

右下の黄色の枠は、資金ショートする損益分岐点(入居率)を示しています。


そして、この資料を使っての説明ですが、

(オレンジを指差し)10年後の満室時賃料は○○に下落すると想定しています。

また、もちろん満室を目指すが、近隣物件の状況とレントロールを加味し、

(緑を指差し)空室率は○○を想定、賃料は7室分の○○となる事を想定しています。

事業計画書には、この事が詳細に書かれています。


そして、さらに状況が悪化した事を想定した場合でも、

(黄色の枠と、赤線が重なったところを指差し)黄色枠で示されているように、

60%の稼働率(4~5室入居)があれば資金ショートはしない計画になっています。

と、説明(^^


月のランニング費用は未記入。

銀行さんの注目点である「資金ショート」をポイントに作成してあります。


別紙の事業計画書にも具体的な数字を書き記してありますが、

帳票内に詳細に書かれている為、それをぱっと読み解くのは大変だと思います。


この資料の作成の目的は、

私が担当者さんと共有した事を、担当者さんと上役間でも共有しやくする事。

それを目指して作ってみたつもりです・・・。

A4用紙1枚というのもポイントなんですよ(^^)


融資申込みが済んだ今、待つだけの状態になりましたが、

良い返事が来てくれたらな~と思っています。


参考になれば幸いです。

また、何か改善箇所等ありましたら教えて下さると嬉しいです(^^)


では、今日はこの辺で♪


ぜひぜひ応援クリック、よろしくお願いいたします(^v^)/

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

健美家さんにも登録してみました(^^)

おきてがみ
「おき手紙」を設置の方は、こちらも押してくださいね。後で遊びに参ります(返信応援100%!)

スポンサーサイト

theme : 不動産投資
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

プロフィール

wiz

Author:wiz

カウントダウン
最近の記事+コメント
FX


カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ内検索
RSSリンクの表示
カウンター
リンク
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
人生が輝き出す名言集

presented by 地球の名言

やすらぎの癒し系名言

presented by 地球の名言
人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。